国営ナンタラ通信

じゃいあんとパンダ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武部さんは薄い

問題発言の多い自民党幹部の武部勤さん
自民総裁選 国民参加は不透明
武部幹事長は29日の記者会見で、来年9月の総裁選挙について、「自民党の総裁選挙は、総理大臣を選ぶ選挙につながる。国民に参加意識を強く持ってもらえるような仕組みで予備選挙を行ってはどうか」と述べ、国会議員や党員による正式な選挙の前に、一般の国民も参加できる予備的な選挙の導入を検討する考えを示しました。武部氏としては▽衆議院選挙の比例代表の11ブロックごとに予備的な選挙を行うことや、▽世論調査のような形で国民の意向を調べることなどを念頭に置いており、党改革実行本部に検討を指示しています。これに対して、久間総務会長が29日、武部幹事長の構想について、「来年の総裁選挙までに党則の改正を必要とするような制度の変更は、時間的に難しい」と述べ、大がかりな制度の変更に慎重な考え方を示したほか、片山参議院幹事長も「思いつきではないか。党員による選挙が中心だ」と述べ、冷ややかな見方を示しており、実現するかどうかは不透明な情勢です。
11/30 07:06、http://www3.nhk.or.jp/news/2005/11/30/d20051130000019.html


来年の自民総裁選 一般国民参加の予備選を検討
東京新聞 - 2005年11月25日


武部さんは色々問題発言の多い人だなぁと思ってたんですがね。
武部さんは、今日のニュースをみて、現行の日本議員内閣制の基礎をごぞんじないのでしょう。だから、やっぱり、多くの事を知らない人だったんだ。と思った。社会科の基礎が抜けてるのかな。

スポンサーサイト

テーマ:どうでもいいかもしれないニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://panda68.blog31.fc2.com/tb.php/101-5a070e5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。