国営ナンタラ通信

じゃいあんとパンダ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港返還8年

普通選挙求め25万人デモ 香港、政府案に反対
 【香港4日共同】香港政府が示した2007年行政長官選挙などの制度改革案に反対し、普通選挙の完全実施などを求める多数の市民が4日、市街地をデモ行進した。主催者によると25万人が参加したもよう。参加者数が確認されれば、警察発表で20万人が参加した昨年7月の民主化要求デモを上回る大型デモとなる。
 香港政府は10月、長官を選ぶ選挙委員会メンバーの拡大などを盛り込んだ改革案を公表したが、基本法(憲法に相当)が目標に掲げる普通選挙の完全実施の時期には触れなかったため、立法会(議会)の民主派らが反対していた。
2005年12月04日22時02分 共同通信


香港で民主化要求デモ、行政長官は選挙制度の現行改革案を堅持
2005年 12月 5日 月曜日 11:19 JST7
http://today.reuters.co.jp/news/newsArticle.aspx?type=worldNews&storyID=2005-12-05T110324Z_01_NOOTR_RTRJONC_0_JAPAN-195935-1.xml
 [香港 4日 ロイター] 香港で4日、民主化を求める市民らがデモを行い、直接普通選挙実施の時期を示す枠組みの提示を要求した。
 しかし行政長官側は、不十分と批判されている選挙制度の現行改革案を堅持する姿勢を崩していない。
 デモは5時間にわたって行われ、主催者側は25万人前後が参加したと推定。一方警察は、6万3000人としている。
 デモ隊の多くは「香港は民主主義を愛する」と書かれたステッカーを着け、プラカードを掲げて金融街の高層ビル群の間を行進した。
 これに対し、中国政府から指名されている曽蔭権・行政長官は、デモ隊の「声は聞いた」としながらも、21日に立法会の通過を目指している現行改革案を変更する余地はほぼないと言明。基本法(憲法に相当)が認めている完全普通選挙実施日程の枠組みを示す前に改革を推進すべきとの立場を明確にした。
c ロイター 2005. All Rights Reserved.
スポンサーサイト

テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://panda68.blog31.fc2.com/tb.php/113-85a5d98b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。