国営ナンタラ通信

じゃいあんとパンダ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニジェール食糧危機

★★★★★葡萄畑で月を頼りに
  国際ニュース翻訳と映画と音楽と個人メモ



ニジェール共和国その1 年々増えていく墓標 ニューヨークタイムズ

ニジェール食糧危機
今年初めからのニジェールで起こっていた事


国境なき医師団/特集/ニジェールの食糧危機
 日本語ニュース特集↑

ロイター Niger food crisis【英語】

Google ニュース Niger food crisis【英語】

Googleニュース ニジェール 日本語報道

国営ナンタラ通信「ニジェール」




ニジェール共和国その2 いじめっ子の外交政策 ニューヨークタイムズ

「日弁連」国際刑事裁判所への日本の積極的参加を求める決議


イラクのフセイン元大統領の特別法廷は合法か?
アメリカは国際基準を満たしてると主張しているが、

http://www.chunichi.co.jp/iraq/051020T1532.html
2005年 10月 20日 中日新聞
フセイン公判 国際基準に合致を
国連事務総長が批判
 【ニューヨーク=石川保典】アナン国連事務総長は19日の記者会見で、イラク特別法廷で行われたフセイン元大統領の初公判について「法廷の手続きや審理は、国際基準に合致していなければならない。基準と一致しなければ、疑義が生じるのは明白だ」と述べ、米国の影響下にあるとされる同法廷の在り方を間接的に批判した。
 特別法廷をめぐっては、米軍の占領統治下で設立された経緯などから「正当性に欠ける」との批判がある。戦争犯罪や人道に対する罪を裁く国際法廷として、国際刑事裁判所があるが、米国はこれに反対し条約の署名を撤回している。


http://www.chunichi.co.jp/iraq/051020T1006004.html
人道に対する罪といった国際犯罪は、国際法廷で裁くのが望ましいが、米国もイラクも国際刑事裁判所(ICC)規程の締約国でないため現実的には難しい。


イラク特別法廷、
イラク暫定政府の法廷に正当性はあるのか、判事が見えない圧力に流されないのか。
フセイン元大統領は国際法廷への送致が妥当だと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://panda68.blog31.fc2.com/tb.php/20-abc92bd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。