国営ナンタラ通信

じゃいあんとパンダ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風が吹けばが吹けば桶屋が儲かる

一国家、一文明、一言語、一文化、一民族

麻生総務相が一民族発言  九州国立博物館式典で
2005年10月17日(共同通信)
 麻生太郎総務相が15日開かれた九州国立博物館(福岡県太宰府市)の開館記念式典の祝辞で「(日本は)一国家、一文明、一言語、一文化、一民族。ほかの国を探してもない」と発言していたことが16日分かった。
 関係者などによると、麻生総務相は九州国立博物館を支援する議員連盟会長として出席。祝辞で、「この建物をいかに運用し、どれだけ多くの方に関心を持ってもらうかが大事」と指摘した上で「一民族」などと発言したという。
 さらに「日本の持っている特徴は、多くの文化を海外から取り入れ消化していった一千数百年の歴史。今は逆に海外に文化を発信することが重要だ」などと説明した。
 式典には外国からの招待客を含めて約1000人が参加していた。
 「単一民族」をめぐっては、1986年の中曽根康弘首相(当時)の「日本は単一民族国家」との発言に、アイヌ民族が抗議した経緯がある。



たぶん麻生大臣は柳田國男の民俗学「単一の文化圏」から引用してるのでしょう。
確かに 沖縄・アイヌ民族や移民などがあるものの「一国家、一文明、一言語、一文化、一民族。ほかの国を探してもない」のも事実だが、それを問題にしてはいけない。
日本が世界に例の無い「ほぼ単一文化圏であり続けてる」点である。「笑っていいとも!」「紅白歌合戦」「TBS-楽天、阪神-村上、靖国」日本のほとんどが日本語しか使えない、日本語だけの本、日本語だけのテレビ、日本発だけのニュース、・・・日本が海外に目を向けない点だ。閉鎖的だが内向的ではない。200ヶ国の内の1ヶ国である日本と云う認識の欠如。世界は動いてるのにぜんぜん認識がない。世界は動いてるのにぜんぜん認識がない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://panda68.blog31.fc2.com/tb.php/6-d8866ae6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。