国営ナンタラ通信

じゃいあんとパンダ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジモリと日本

元々、彼の政治亡命が認められたのか不思議、日本ではクルド人でさえ認められないのに。
日本政府は何のために彼を匿ってたのか!
一般の邦人が逮捕されたら日本大使館員が接見してくれるのか!クソ
そして、
2005年11月、日本は、チリに要請したりフジモリ氏に接見したりするけど、ペルー・トレド大統領との会談は拒否。
そんなに日本政府は世界を敵に回してまですることがあるのか。
日本側はフジモリ氏について「邦人として一般の扱い」を強調しており、この問題について特段の話はないとの立場をとっている。http://www.asahi.com/politics/update/1117/005.html

ペルーとの日本首脳会談断る 首相、日本側「日程合わず」と拒否2005年11月17日
フジモリ問題を回避=政府、ペルー大統領との会談拒否
 政府は、18日から韓国・釜山で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を利用しての小泉純一郎首相とトレド・ペルー大統領による首脳会談を拒否した。「ペルー側の申し入れが遅く、日程の調整がつかなかっただけ」(政府関係者)と説明するが、チリで身柄拘束されているフジモリ元ペルー大統領の問題が取り上げられることを回避。静観を決め込むことを狙った判断と言えそうだ。 
2005年11月17日21時15分  時事通信社


ペルーが駐日大使解任 フジモリ氏出国で抗議
2005年11月10日

フジモリ氏、日本大使館員と接見
2005年11月9日
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20051110AT2M1001F10112005.html
「国際手配されている人物が出国すればその国は分かるはずだし、知らせるのは当然だ」

日本がチリにフジモリ氏の「公正な扱い」要請
2005年11月8日

フジモリ氏、日本を出国
2005年11月6日

「ICPO国際手配」

     犯罪人引渡条約がない、
     ペルーと日本の二重国籍。
フジモリ氏、2000年11月、日本に亡命

スポンサーサイト

テーマ:どうでもいいかもしれないニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://panda68.blog31.fc2.com/tb.php/72-a4195a84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。