国営ナンタラ通信

じゃいあんとパンダ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パキスタン地震 自衛隊撤収2

パキスタン地震 自衛隊撤収
国連事務総長、パキスタン地震被災地を視察
2005年11月19日
アナン事務総長は昨日、地震に襲われたパキスタンにおいて、被災状況が最も酷い地域を視察した。事務総長は、クリントン前米大統領を津波に取り組む特使に任命したように、近いうちに、地震再建のための特使を任命する意向を明らかにした。
パキスタンにおいて、地震の被災者援助および再建復興に関する国際会議が開かれた。アナン事務総長はアピールを発し、各国政府、NGO、民間セクターに対して、長期的援助の継続を求めた。http://www.unic.or.jp/mainichi/mainichi.html


北海道新聞が
国際緊急援助隊活動も11月24日までに終える。と報じた。

パキスタン地震支援の陸自輸送ヘリが帰還 空自千歳基地  2005/11/21 14:01
 【千歳】パキスタン地震の被災地で救援物資の輸送に当たった陸上自衛隊北部方面航空隊のヘリが、現地での輸送業務を終え、派遣した四機のうち一機が二十一日、航空自衛隊輸送機で空自千歳基地に到着した。
 ヘリは回転翼を外した状態で輸送機に積まれており、千歳基地では隊員らが慎重に輸送機から降ろした。
 国際緊急援助活動は二十四日までに終えることになっており、一部の隊員は二十二日夜、道内に戻る予定。大半の隊員は十二月初めに戻る。
 道内からは、陸自の第五旅団(帯広)と北部方面航空隊(札幌)を中心に百五人が派遣され、現地で医療品や食品などの物資、けが人などを運んだ。 http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20051121&j=0022&k=200511214963
北海道新聞


更新2005年11月21日 14:37米国東部時間
陸自援助隊が一部帰国へ パキスタン地震支援
 パキスタン地震支援で同国に派遣された陸上自衛隊の国際緊急援助隊のうち、北部方面航空隊(札幌市)を中心とする18人が21日、イスラマバード空港を出発、帰国の途に就いた。22日に日本に到着する。
 出発前の行事で、援助隊の堀井克哉隊長は「被災地の人々ががんばっている姿を忘れず、帰国後も任務に当たってほしい」と見送りの言葉を述べた。
 陸自は10月17日から、約150人態勢で救援活動を開始。今月20日までに約39トンの物資と、負傷者や被災者約250人をヘリコプターで搬送した。救援活動は24日に終了、ほかの隊員も30日に撤収する。(共同)http://www.usfl.com/Daily/News/05/11/1121_013.asp?id=45875

国際緊急援助隊

Yahoo!ニュースパキスタン地震海外トピックス

国境なき医師団日本
パキスタン北部はこれから冬を迎え、被災者のおかれている状況はますます悪化することが予想されます。
 特集/パキスタン地震 緊急支援
  11月14日、活動状況

日本・日本政府は金だけ・・・

イラクに自衛隊700人で何ができる?パキスタンへ100人でも良いから・・・
スポンサーサイト

テーマ:時事ネタ - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://panda68.blog31.fc2.com/tb.php/81-d3be75b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。