国営ナンタラ通信

じゃいあんとパンダ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パキスタン早すぎる自衛隊撤収3

パキスタン早すぎる自衛隊撤収ではないのか!


パキスタン地震、早すぎる自衛隊・国際緊急援助隊撤収ではないのか!

機数制限解除 自衛隊輸送機の大規模海外派遣可能に 内規見直しへ(産経新聞) - 11月24日2時25分
http://www.sankei.co.jp/news/051124/morning/24iti001.htm

・・・インド洋大津波やパキスタン地震では防衛庁長官による派遣命令が遅れた・・・

はっきり遅れたましたよね。


旧_国営ナンタラ通信.スマトラ沖地震津波(1)(2)(3)


そして11月24日、陸上自衛隊パキスタン現地活動終了しました。
http://www.jda.go.jp/j/news/2005/11/1124a.htm
2005年12月2日には、 日本国際緊急援助隊は、完全撤退です。




遅れて行って、早く帰る。
http://www.jica.go.jp/activities/jdrt/



陸自緊急援助隊18人が帰国 パキスタン地震支援終え
 パキスタン地震の被災者支援のため現地に派遣されていた陸上自衛隊国際緊急援助隊のうち、北部方面航空隊(札幌市)を中心とする18人が22日、任務を終え成田空港着の日航機で帰国した。
 対外調整を担当した嶌末真1佐(43)は「山岳地帯で住居を失った人が多く、越冬するためのテントや毛布などの物資輸送に焦点をあてた」と活動を振り返った。
 帰国した18人のうち17人は北海道に戻り、新千歳空港で家族や同僚約50人が出迎えた。輸送ヘリコプターのパイロットを務めた遠藤光雄1尉(39)は「被災した人たちに気を配りながら、スムーズな援助活動ができたと思う。
現地は冬を迎え、ニーズはまだまだ多い」と語った。(共同通信) - 11月22日

特集/パキスタン地震
パキスタン、高まる第二の死の波(国境なき医師団)2005年11月22日

パキスタン地震パキスタン情報 【日本ユニセフ協会発】
パキスタン地震/二次被害を食い止めねば- 神戸新聞 (2005年11月14日)
国連WFP協会、トップ特集、パキスタン地震 緊急援助活動【2005.10.31更新】


国連弁務官がパキスタン被災地を視察、早急な支援必要と
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200511250011.html
2005.11.25.Web posted at: 16:14 JST- CNN
(CNN) グレーテス国連難民高等弁務官(UNHCR)は24日、10月のパキスタン地震で甚大な被害を受けたパキスタン北西部を訪れ、被災者の現状を視察した。本格的な冬の到来が迫り、家を失った被災者らが危機に直面しているとして、国際社会に支援を急ぐよう呼び掛けた。
グレーテス氏によると、遠隔地の被災者のうち約4万人は、寒さの厳しい山を降りて都市部などに避難する見通し。同氏は地方当局や支援団体に対し、避難者の受け入れ態勢をただちに整えるよう求めている。さらに、地元に残る一部住民への支援も急を要する。同氏は「すべての住民が無事冬を越えられるよう、最大限の努力をしている」と強調した。
パキスタン地震では7万3000人以上が死亡、300万人が家を失った。特に、山岳地帯に住む被災者らの健康状態が懸念されており、北大西洋条約機構(NATO)の部隊などが仮設住宅の提供を急いでいる。
これまでに欧米などの支援国が表明した拠出額は総額58億ドルに上っているが、実際に集まった金額はごく一部。国連では、冬までに少なくとも3億ドルを用意する必要があるとして、国際社会の協力を求めている。

2005年11月25日
58億ドル=5800億円
 3億ドル= 300億円



Yahoo!ニュース-パキスタン地震 海外トピックス
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/kashmir_earthquake/







日本の国力に見合った国際貢献とは何か
http://harunakurama.blog.ocn.ne.jp/kitaooji/2005/11/post_16ae.html


スポンサーサイト

テーマ:時事ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://panda68.blog31.fc2.com/tb.php/89-34846533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。